iPhoneアプリを素人が作る

iPhoneアプリは1年1万円程度のデベロッパー登録をすれば誰でも開発者になれますし、アプリが適切に作られていればアップストアにも掲載することが可能です。アプリが適切かどうかはアップルが審査することになりますが、公序良俗を守り、また、詐欺やアダルト系のツールでなければ問題なく通ると言われています。

開発がし易いこともiPhoneアプリの魅力ですが、これまではObjective-cを勉強する必要があり、敷居が高いものでした。しかし、サードパーティ製の開発キットが提供されるようになるとObjective-c以外の言語でもiPhoneアプリを開発することができるようになりました。


サードパーティ製の開発ツールではHTML5やJavascriptが使えます。

これらの言語はホームページやブログでよく使われることもあり、プログラマではない、WEBデザイナーであってもアプリ開発に参加することが増えています。

iPhone6sの機種変更のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

また、これまで難しかったiPhoneのハードウエアの利用についてもライブラリが整ってきており、付かない機能の方が少なくなっており、一般的に利用しているiPhoneの機能はほぼすべて使えるようになっています。

iPhone6sの発売日の情報を探すならこちらです。

HTML5でデザインをし、Javascriptで制御をすることでアプリ開発者を爆発的に増やすことに成功して言います。



また、3Dを多用したゲーム開発などは苦手と言われていましたがこちらについてもライブラリが揃ってきたこともあり、多くのゲームが登場しています。